×

ネットショップ

HOME»  こだわり

こだわり

1.僕の妻は、大の洋菓子嫌いでした

お客様の声第一位「ちょうどイイ甘さ」

お客様の声第一位「ちょうどイイ甘さ」

店主である僕(コウブン カズオ)の妻は、大の洋菓子嫌いでした。そんな人でも、洋菓子を食べられるようにするにはどうしたらいいのか?
試行錯誤を重ね、「ちょうどイイ甘さ」にたどり着きました。
洋菓子嫌いだった妻に、感謝しています。

2.カラダにイイ!ユメのようなお菓子

農家と食卓の「笑顔」をつなぐ、パティスリーでありたい

お菓子は「カラダに悪い」と思われがちですが、当店は添加物不使用。
「消化に悪い」「胃もたれする」などもなく、安心して召し上がっていただけます。
■おいしさのヒミツ■
パスチャライズ製法
フランスの細菌学者パスツールが開発した加熱殺菌法(パスチャライゼーション)が名前の由来です。
牛乳本来のうまみや性質を残したまま殺菌するため。独自の温度時間設定でじっくり熱をかけるこだわりの殺菌法です。
ゆたかでおいしい牛乳づくりのため、殺菌温度は85°cで15分の低温殺菌です。
※一部キャラクターケーキや特注ケーキは着色料使用。

3.農家と食卓の「笑顔」をつなぐ、パティスリーでありたい

カラダにイイ!ユメのようなお菓子

お菓子作りの主要材料(生クリーム・バター・イチゴ・栗)を、すべて国産で取り揃えています。輸入品に頼りすぎると、いつか国産品がなくなります。つまり、日本の息吹を感じられるお菓子が作れなくなるワケです。
だから、国産にこだわる。農家さんとお客様に「笑顔」でいてほしいのです。

4.バターは、栄養の宝庫

農家と食卓の「笑顔」をつなぐ、パティスリーでありたい

アン・スリールのバターは、良質の乳脂肪です。
とても消化が良く、赤ちゃんやお年寄り、胃腸の弱い方でも、安心して召し上がれます。
さらに、美容と健康のためのビタミンA、E、Dも豊富!なんと、ビタミンAは牛乳の13倍以上!皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあり吹き出物やニキビ予防にもなります。
ビタミンDはカルシウムの吸収を助けてくれたり、ビタミンEには老化を防ぐ効果もあり、体の内側からみずみずしさを保ってくれます。
バターと聞いて、気になるのがカロリーですが、同量のサラダ油やごま油に比べても低くコレステロール量もほとんど気にならないレベルしか含まれていないんです。アン・スリールで使うバターは100%国産の良質なバターのみを使用。そんなバターを贅沢に使っているのが、マドレーヌとフィナンシェなんです。

アン・スリールの仕事の想い

私たちの仕事はお菓子を提供すること。
しかし、それだけなら仕事は機械的になってしまします。私たちの仕事は機械的に行うものではなく、”心”が最も大切であると考えています。
単にお菓子をつくりお客様に提供するだけではなく、お菓子に人の心も込めて驚きや感動を提供することが大切なのです。
これは、実際に仕事をしてみないと分からないと思いますが、心を尽くして仕事を行うと、お客様と心が通い合う瞬間を実感でき、そこに真の仕事の喜びや味わいがあるのです。

また私は、職場というのは人生最後の教育機関であり、仕事(職場)を通じて、人間関係の構築、仲間を大切にする心、リーダーとしての指導力など、人として大切なものを学ぶ重要なステージであると考えております。

もちろん、仕事には向き不向きがありますので、そのステージは何でも構わないでしょう。
カレー屋だったり、工場で働く人であったり、営業マンであったり、商社マンであったり…職場というステージには色々あります。
しかし、どのステージであっても、自分のやり方ひとつで仕事を通じての自己成長というものを成すことはできます。

ただ、世の中の転職理由で上位が人間関係であることを考えると、人間関係が良好な職場で働くべき、と言うことは唯一必要な条件かもしれません。職種が何であっても、人間関係が良好であれば、その職種が好きになることも多い筈です。
逆に人間関係が上手く行っていないと、職場から逃げたくなり、この手の職場はこうゆう人が沢山集まるのかなぁ~と思い込み、職種までもが嫌になるのではないでしょうか?
ですから私たちの職場は人生の修行場所と考え、人間力の教育を徹底的に追及し、良好な人間関係を維持した状態で大きくなれるよう、常に勉強して進化します。そういった取り組みの上で商品であるお菓子も徹底して研究し、最高の味をお客様に提供し続けて行きます。

感動三大理念

  1. 礼儀
  2. 人間力の向上
  3. 世の為、人の為に働く

解説

  1. 礼儀お客様、スタッフ間で実践することは勿論のこと、プライベートを含め全ての人に対して礼儀正しく振る舞うこと。
  2. お金や物欲、地位や名誉に惑わされず、人として生きていくうえで大切なことを身につけていくこと。
  3. 自分の達成感だけでは100%が限界。他人・世の中の役にたち感謝されることが120%の満足感に繋がると考えること。
    ※1人の人間ができることは限られています。しかし、世の為・人の為に尽くすことを1人1人が行えば、世の中への大きな貢献に繋がり、最終的に本人の大きな満足にも繋がっていくものです。まずは目の前の人を幸せにすることから始めましょう。

感動三大原則

  1. お客様を見て笑顔で接客します
  2. 大きな声で3回以上挨拶します
  3. 否定的な言葉は一切口にしません

解説

  • 接客はお客様を見て笑顔で挨拶・応対をしなくては意味がない。機械的にならないように注意すること。
  • 1組のお客様に対して「いらっしゃいませ」・「ありがとうございます」を感謝の気持ちを込めて、3回以上挨拶すること。
  • 人として成長するため、常に肯定的な行動を心掛け、スタッフ同士が注意し合い、お互いの向上に努めていくこと。

全力禁止事項
不平、不満、愚痴、泣き言、悪口、文句、陰口、不正、嘘
店内は勿論のこと、私生活でも、気を付けること。

この先も幸せいっぱい、笑顔いっぱいのお店になるように、スタッフ一丸となって頑張ります。
全ての出会いに感謝!お客さまに感謝!家族の様なスタッフに感謝!十人十色、色々な感動を届けます。